株式会社不動産システム

Home

北海道札幌市の新築RC・新築企画物件・土地活用・賃貸住宅経営なら不動産システムへ

  • 新築企画実績事例
  • 新築企画物件
  • 売買物件一覧
  • 物件リクエスト
  • 無料査定依頼
  • お問合せ

HOME > 札幌の賃貸市況

札幌の賃貸市況

賃貸住宅経営|札幌の賃貸市況賃貸住宅経営 ! 札幌の賃貸市況

近年、札幌市の賃貸住宅の新築供給戸数は、2005年~2007年は金融機関の積極的融資により増加しました。その後、リーマンショックからしばらく減少していましたが、2014年からの日銀の異次元金融緩和、2015年の相続税大改正により、またしても増加に転じました。ただし、これも2016年がピークで2017年から金融庁が不動産融資の監視を強化しており、融資制限に向かっています。
今後、しばらく札幌市の賃貸住宅の新築供給は減少していくと思います。しかし、2005年~2007年と2014年~2016年の供給増による余剰感は1LDKタイプを中心にいまなお残ります。
今後、1LDKタイプを企画する場合は、入居ターゲットを想定したうえで既存物件にはない"仕掛けづくり"がポイントになります。
これからは、競合物件の少ない2LDK~3LDKが有望です。
グロス利回りは多少下がりますが、比較的入退去のサイクルが長いので空室ロス・仲介手数料・内装費用を抑えることができますので、その分ネット利回りは高くなります。

近年、札幌市の賃貸住宅の新築供給戸数は、2005年~2007年は金融機関の積極的融資により増加しました。その後、リーマンショックからしばらく減少していましたが、2014年からの日銀の異次元金融緩和、2015年の相続税大改正により、またしても増加に転じました。ただし、これも2016年がピークで2017年から金融庁が不動産融資の監視を強化しており、融資制限に向かっています。
今後、しばらく札幌市の賃貸住宅の新築供給は減少していくと思います。しかし、2005年~2007年と2014年~2016年の供給増による余剰感は1LDKタイプを中心にいまなお残ります。
今後、1LDKタイプを企画する場合は、入居ターゲットを想定したうえで既存物件にはない"仕掛けづくり"がポイントになります。
これからは、競合物件の少ない2LDK~3LDKが有望です。
グロス利回りは多少下がりますが、比較的入退去のサイクルが長いので空室ロス・仲介手数料・内装費用を抑えることができますので、その分ネット利回りは高くなります。

賃貸住宅経営|札幌の賃貸市況

終身雇用・土地神話の終焉により住宅購入のリスクは大きい終身雇用・土地神話の終焉により
住宅購入のリスクは大きい

いまは転職・リストラなど先が読めない時代です。
おまけに郊外の土地価格は、毎年下落していきマイホームを取得しても
資産としての魅力はありません。
また、「所有する」ことに関しての意識変化もあげられます。
例えば自動車は、カーシェアリングが浸透し
「所有する」から「アクセスする」へと消費形態が一部、変化しています。 
住宅において、これからは「資産としてマイホームを所有する」から
「"効用価値"で賃貸を選ぶ」へと消費形態が変わっていくと思います。
ニーズにあった"質の高い"賃貸住宅、その需要は今後高まっていきます。

いまは転職・リストラなど先が読めない時代です。
おまけに郊外の土地価格は、毎年下落していきマイホームを取得しても資産としての魅力はありません。
また、「所有する」ことに関しての意識変化もあげられます。
例えば自動車は、カーシェアリングが浸透し「所有する」から「アクセスする」へと消費形態が一部、変化しています。 
住宅において、これからは「資産としてマイホームを所有する」から「"効用価値"で賃貸を選ぶ」へと消費形態が変わっていくと思います。
ニーズにあった"質の高い"賃貸住宅、その需要は今後高まっていきます。

終身雇用・土地神話の終焉により住宅購入のリスクは大きい
  • 各種お問合せはこちらへ
  • 物件リクエスト
  • 無料査定依頼
  • お問合せ